2010年08月27日

しつけに大切なことは・・・A

熱中症の前に、しつけのパートAがありましたたらーっ(汗)


(育児の間にちょこちょこ書き溜めていたものをアップしているので、
 内容は現在進行形ではありませんがふらふら

しつけにおいて、もうひとつ身にしみて感じていることがあります。


それは、このブログでも何度か出てきていることなのですが。



「してほしくないことは、する前にさせない」

これは、軽井沢ドッグビヘイビアの山下先生もおっしゃっていました。


弟くんに唸った小虎。

いくら小虎が悪くないとはいえ、それを繰り返したら、
小虎は「弟くんを怖い、いやだ」と認識するようになるし。
お互いに不幸になります。


もう二度と、小虎が唸るようなことを弟くんにさせてはいけません。

(してほしくないことは、経験を積ませない)



そんなわけで、今までにもまして、飼い主バタバタしておりますあせあせ(飛び散る汗)

なんせ二人ともノーリード(笑)。

しかも、こちらが緊迫感を持っていては、小虎はナーバスになるしたらーっ(汗)

結構、気を使いますあせあせ(飛び散る汗)





でも、ここを乗り越えれば、本当の家族になれるんですものね。
(弟くんが物心つくのはいつ??・・・先は長そうです・・・)



がんばらねば!!



     あせりは禁物。


だって、小虎と私も本当の家族になるのに、


      何年かかかりましたからねぇ。(ながっ!!)




まぁ、何をしてもドンくさい飼い主ですから、

普通の人より時間がかかって当たり前ナンデス・・・。


     ふぅ・・・・。(遠い目)


うちの犬育ては、年単位です顔(イヒヒ)




その後、おかげさまで、小虎姉さん、ちゃんと弟くんに

お姉ちゃんぶりを発揮していますわーい(嬉しい顔)


このまま、二人ともいい経験だけを積んでいって、

仲良くなって大事な家族になってほしい。



そう、母は願っています。



と。

本題に戻って。


小虎のしつけに大切なこと。

それは、まとめちゃえば、


      たったひとつ!!!



      要  観  察  !!



 小虎を尻・・・違った、知り、

 小虎を良く見て、

 小虎を理解し、

 小虎を(小虎も気づかないうちに)幸せな方向へ向けてしまう。




それには、よ〜く観察!!


 そういえば、夏休みのあさがおの観察日記も

 朝顔を見て書くんだものね。

 先生は「図鑑を読みなさい」とか「朝顔をネットで調べなさい」
 なんて言わないわぁ。


 犬のしつけもやっぱりそうなのかなぁ。


 本当のところはよくわからないけどわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)



しかし、小虎観察日記って・・・。



    ・・・・・。


   なんか、先生のウケ悪そうなタイトルじゃんね・・・。

           しょんぼり。








ニックネーム はなぴ〜 at 15:48| Comment(2) | しつけ(トレーニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜 久し振りに更新されてる〜 

小虎さんにとって弟くんはどういう動きをするのか分からないルールを知らない猛獣のようなものなんでしょうね。 
 
幼児は動物に対して加減が出来ないから大変です。 以前、姪っ子が幼稚園位の時に先代の犬の尻尾を手加減無くグイッと引っ張った事がありました。 犬は歯を剥いて威嚇。 

もうその子も高校生ですが当時の恐怖は鮮明に覚えてるそうです。 

ホント小さいお子さんが居る家は『要観察』が大切ですよね。


Posted by 風華★親爺 at 2010年08月29日 06:15
風華★親爺さん

えへ、久しぶりに更新しちゃいました〜。
おかげでちょっと寝不足です〜・・・。

小さい猛獣!そうなんですよね。
まさに仁義なき闘いを姐さんにしかけているようなものです(爆)!
本人悪気がない割りに全力投球ですから。

小虎も普段は「弟くんならしかたないわ〜。どうぞ〜」的な感じなんですけど。

なにせ、やっぱり小虎も日本犬のはしくれなので。
人間様すべてに私をささげます、という感じの洋犬さんとはちょっと違うのかなぁ・・・。
Posted by 小虎まま at 2010年08月30日 00:23