2010年01月26日

赤ちゃんと犬の接し方・犬はばい菌じゃないぞ!

前回、ちぇるしぃママさんがコメしてくださったことで、
思うことがあったので記事にします。
(ちぇるしぃママさん、ありがとう♪)

ちぇるしぃママさんのコメント抜粋下
私は、最近、犬のペロペロだけでなく、赤ちゃんに対して除菌×2うるさくし過ぎだと思います。
菌に慣れるのも大事だし(もちろん、不潔にしろという意味ではなく)、普通が一番じゃないかなーと。



そうなんです! 本当にその通り!


除菌除菌で育てた子に、アレルギーが多いというのは、
最近では周知の事実になりつつあります。


でもね、こと、動物に関しては、地域の助産師さんまでもが平気で
「室内飼いの小型犬」さえも「外飼いにしないと赤ちゃんがアレルギーになる」なんて断言することがあるので、びっくりですがく〜(落胆した顔)




そんなことを言われて、先住犬をどうしていいか困っているママさんは
多いんじゃないかなぁ?

風華★親爺さんが教えてくださった赤ちゃんと犬に関しての記事
参考になります。
どうぞ御覧になって下さい。
(風華★親爺さん、ありがとうございます)

http://dogactually.nifty.com/blog/2010/01/1-063e.html#more






そして、新しい家族(赤ちゃん)を迎えたら、
この絵本を家族で見てみるといいかなって思います。

絵本「家族なのに」http://www13.plala.or.jp/namako/ehon.html
(涙腺の弱い方は泣いてもいいときに読んでね)


赤ちゃんが生まれたことによって、犬が不幸になるなんて。

しかも、誤った知識で犬を不幸にしてしまうなんて、
おかしいもの・・・。

上手に接することができれば、赤ちゃんにとっても
犬の存在ってすごく大きいので!わーい(嬉しい顔)

犬を飼っているママさん、(もしこのブログを見てくださっていたら)
がんばりましょうね☆

IMG_0005_1.JPG











にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬以外)へ
上
登録してマス♪ぽちっとお願いします♪



群馬県の犬猫里親探し:日本動物愛護協会群馬支部
ニックネーム はなぴ〜 at 00:00| Comment(19) | 赤ちゃんと犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この絵本…なんとなく結末はわかっていたものの。やっぱり見ちゃうと泣けます。
そうなんですよね、家族なのに。
一緒にいたいよね。

最後の写真、小虎ちゃん優しく弟くんの手をペロペロしてますね。
弟くんの手、ちっちゃーい。
この手がもう少ししたら大きくなって、今度は小虎ちゃんをなでなでしてあげるんですね!

Posted by ねこた at 2010年01月26日 13:12
お礼なんてテレちゃいます。
私こそ、考える場を頂けて感謝ですよー。

風華★親爺さんが教えてくださった赤ちゃんと犬に関しての記事、読みました。

やっぱり、神経質はいかんです!
おおらかが一番ですよね。
汚いのはダメですが、子供なんて外で遊びだしたら、汚い手でおやつ食べたりなんて当たり前ですしねぇ。
だから途上国に旅行すると、水が飲めないんですよねぇ。
だから最近は花粉症が増えているとも聞きましたよー。

ままさんのもとにいる小虎ちゃんは、幸せですね!!
Posted by ちぇるしぃママ at 2010年01月26日 18:46
迷いに迷ってコメントを…
涙腺弱いから覚悟して読みました。
でも、泣かなかったです。ウルル それよりも悔しいような思いの方が…
いつの日か、子供が大きくなって犬を飼いたいと言った時
こんな人達は、我子になんて云うのでしょう?
昔は(お前が生まれた時は)飼っていたんだよ。賢くて可愛い犬だったと云うんでしょうか?
子供は、『その犬名前は?それでどうなったん?』と聞いてきた時、何て応えるのでしょう?
我子に嘘で塗り固めるのでしょうか?真実を話す事が出来るのでしょうか?
何らかの形で子供が真実を知った時、親の事を何んと思うでしょう?
また、自分の存在をどんな風に思うでしょう?
本当の子供の為って、その【瞬間】じゃなくてもっともっと先を見据えた事なんじゃないかなーと。犬も家族として共に育ち、子供が物心つく頃その犬が亡くなっていたとしても、
親が愛した犬・自慢の犬・嬉しそうに話す親・思い出して泣く親・耳にタコが出来るぐらい聞くその名前 いつか、子供が『ボクも犬を飼ったらその名前にするねん』って言った時、親としても飼い主としても最高なんじゃないかなーと…
やめとこーっと 愚痴&ボヤキになってしまった。 ままさんごめんなさい。
Posted by 百姓&テリー at 2010年01月27日 01:20
アメリカの研究では、ペットを飼ってる家と飼ってない家で比べたら、飼ってる家の子供ほどアレルギーになりにくいって言われてますよね

私も、こんな仕事柄 赤ちゃんが産まれた家の子(犬や猫)がかわいそうな事になってしまっているのを良く耳にします
小虎ままさんのブログを読むたび
犬は、子供の最高な友達なんだって再確認
できます。
ままさん、ありがとうです
Posted by 菻ママ at 2010年01月27日 10:48
お久し振りで〜す☆
前回のブログでのお散歩スタイル!!
私、声を掛けちゃいそうです…いや、私って言うか…のあが…。
ご近所に去年の初夏に生まれた赤ちゃんが居ます。その赤ちゃんをキュ〜ンキュ〜ンと呼ぶんですよ〜。
どんだけ赤ちゃんが好きな犬なんでしょうか…。
小虎ちゃんも、ずい分弟君の存在に慣れているみたいですね。
最後の写真、ほのぼのします。

犬と赤ちゃん、難しいですよね。
犬と赤ちゃんの記事を読みました。
散歩中にも、犬が近付くコトすら『汚い』と言って許さない親御さんも居られます。
反対に赤ちゃんの顔をペロンとやっても、全然平気で大笑いしている方も居ますけど…。
絵本の話も、切ないです…。
本当に人間って身勝手な生き物ですよね。
Posted by のあの姉 at 2010年01月27日 14:10
お役に立てて良かったです。 

除菌、除菌で生活すると逆にアレルギーになるなんて言われてますしね。

また面白そうな記事がありましたら貼り付けておきますね。

 
Posted by 風華★親爺 at 2010年01月27日 20:19
ねこたさん

私、この絵本読むと毎回泣いちゃうんです・・・。
自分が飼ってきた犬の気持ちを考えてしまって。
もっと一緒にいてあげれば良かった、もっと、ああしてれば、こうしてれば・・・って。

弟くん、もう小虎を撫でるようなそぶりをするんですよ。
小虎も(気が向いたらですけど)背中を向けて撫でやすいようにしてくれたりします。
Posted by はなぴ〜 at 2010年01月27日 23:46
ちぇるしぃママさん

犬の雑菌より、除菌剤に使われている化学物質のほうが、赤ちゃんには悪いんじゃないかなって思います。

だって犬の菌は自然界のものだけど、化学物質はそうじゃないですものね。

しかも犬の唾液で抗菌作用があるらしいです! 人の口の中よりきれいなんですって!
びっくりです。

Posted by はなぴ〜 at 2010年01月27日 23:52
そうですよね、同意見です!
私にも姉が居るのですが、姉の子供(6歳と1歳)には積極的に触れ合わせてます(笑)
姉的には「チョット・・・(汗)」って感じなのかもしれないですが、でも逆にソレは子供の為なんだと言い聞かせつつ(^_-)
無菌状態こそが、逆に弱い子供を作らせるんですよね〜!
Posted by ALICE at 2010年01月28日 00:09
テリーパパさん&テリーくん

愚痴でもぼやきでもないですよ!
すごく真っ当な意見で、私、目が覚めた気分です。
育児にも強く関係してくるんですよね。
幸せな家庭を築くために、犬を犠牲にして、罪悪感もなく暮しているのだとしたら・・・。
本当に恐ろしいです。
犬の命に関わることを「赤ちゃんのためだから」なんて言葉ですましてしまうことがおかしいですよね。

この絵本とは逆にたとえ愛犬が死んでしまっても、語り継いでいければ。
ずっとずぅっと、その犬とは一緒にいられますね。
もしかしたら、私がいなくなっても、弟くんが「小虎っていう犬がね」なんて自分に子供に話してるかもしれない・・・。

そんな風に飼っていきたいです。

Posted by はなぴ〜 at 2010年01月28日 00:24
菻ママさん

やっぱり、赤ちゃんができたことで不幸になっちゃう犬や猫は多いんですね・・・。
アメリカでは、もう周知の事実なんですね。
そういう情報、小児科とか産婦人科できちんと教えてくれたらいいのにって思います。

獣医さんも言ってくれればいいのになぁって思います。

そうすれば、そういう犬や猫、絶対に減るはずですもの!
Posted by はなぴ〜 at 2010年01月28日 00:28
のあの姉さん

ええ〜!のあくんそんなに赤ちゃん好きなんですか〜!

じゃ、この格好でのあくんち付近をうろうろしていれば、のあくんがもれなく釣れちゃうわけですね?(キラキラ!)

そうなんですよね〜、犬を「邪魔」とか「汚い」とか、毛嫌いする親御さんって結構いますよね。
「うちのこ、犬大好きで〜」なんて言ってくれる方に会うとうれしいです。
そして犬大好きな子供のはじけんばかりの笑顔。
そんな時は、この子きっとやさしい子に育つんだろうなって、私の気持ちもほかほかしちゃいます。
Posted by はなぴ〜 at 2010年01月28日 00:33
風華★親爺さん

はい、これからも情報宜しくお願いします!

除菌剤の化学物質の方が、犬より怖いですよね〜。
Posted by はなぴ〜 at 2010年01月28日 00:36
ALICEさん

そうそう、犬との触れ合いは子供ためですよね♪
上のコメントにも書いたんですが、犬の口の中は、人間の口の中よりきれいで。
ペロペロの時は、反対に「人間の虫歯菌、歯周病菌が犬にうつらないようにしないと」と
有名な獣医師の本に書いてありました。

だから、ペロペロだって本当はokなのですわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2010年01月28日 00:40
本小虎ままさん本
「家族なのに」読ませてもらいました。。。
涙が止まらないねもうやだ〜(悲しい顔)
こんなことって悲しすぎる。。。
間違った認識や知識で、こんな風に不幸になる犬がいるなんて。。。
わかっていてもショックだよね。。。
私も、知らなかったことばかり。。。
犬との接触が、まったく差し支えない、
まったく安全だっていうことを、
もっと、メディアや産婦人科で教えてくれたらいいのにね。。。
そしたら、少しでも多くの方々に知ってもらえるから。。。
うん、絶対知ってもらいたいねグッド(上向き矢印)
かわいそうな、わん犬(笑)にゃん猫(笑)たちが、いなくなりますように。。。
小虎ままさんのところへ来ると、
いろんな勉強になります〜
ありがとうねわーい(嬉しい顔)犬(笑)
Posted by ラミー at 2010年01月28日 23:01
ぴかぴか(新しい)追伸ぴかぴか(新しい)
命の尊さは皆同じですものね。。。
Posted by ラミー at 2010年01月28日 23:04
こんばんは〜!

私もアメリカで、家を飼っている家庭のお子さんはアレルギーが少ないと読んだことがあります。
アレルギーに関しては、「綺麗すぎる」というのもどうかな?と思っているので・・・
ご存知かもしれませんが、寄生虫博士(?!)の藤田教授という方の本が面白いですよ。
Posted by みゆみゆ at 2010年01月31日 21:40
ラミーさん

「家族なのに」・・・悲しいよね。
実際にこうなった人の話、聞いたことがあるの。
間違った知識で泣く泣く犬を手放す人もいるかもしれないし・・・。

動物=汚いという考え方、なくなってほしいです。

ラミーさんは、本当に優しいですよねわーい(嬉しい顔)
しんちゃんは幸せものだと思います黒ハート

こちらこそ、いつもラミーさんの優しさと穏やかさに癒されてます。
これからもよろしくお願いしまするんるん
Posted by はなぴ〜 at 2010年02月01日 18:12
みゆみゆさん

その記事、私もやっと昨日発見しましたグッド(上向き矢印)
ニューズウィークで赤ちゃん特集が組まれてて、そこに載ってました。

寄生虫・・・そうそう、それ実は菌より心配なんです・・・。

ちょっと調べてみないと。
藤田教授ですねぴかぴか(新しい)
Posted by はなぴ〜 at 2010年02月01日 18:15