2008年08月17日

ちょっとまじめな話・飼い主1号の独り言

盲導犬って1歳までは、特にしつけをすることなく
愛情だけを注ぐそうですね。
(違っていたらごめんなさい。そんな話聞いたことがあるので)

それから本格的な訓練をして間に合うのですね。
(あ、もちろん、教える方がプロだからものになるんでしょうけど)

専門的な仕事の犬と家庭犬を比べるのは、問題があると思うし。
訓練する人がプロと素人ではかなりの差があるだろうし。

自分の飼っている犬と一緒くたに考えるのは、
無理があるかもしれないけど。

飼い主1号、最近こう思います。

家庭犬もあまり小さいうちに大真面目に本腰を入れて、
しつけをするのはどうかな?って。

可愛い子犬には愛情を注ぐだけで本当は
いいんじゃないのかな?って。

と、いうより「愛情を注ぐこと」が
何より一番大切なんじゃないかな?って。


小虎 tibinokoro.jpg

愛情という土台さえあれば、しつけなんていつから
初めても決して遅くないのでは?って。



家族と離れてナーバスな子犬時代。
子犬と深い愛情を結ぶのは、そんなに簡単なことでは
ないと思うからです。
(特に甲斐犬に関しては、そう思うのです)





kotoramiage.JPG

小虎は「ただ単に可愛がるだけ」の今までの犬とは
全く違う感じで育ててしまいました。


今までの犬と違う育て方をして、
何が良かったのか悪かったのか、正直言うと、
まだ良く分かりませんふらふら


でも、最近分かったこと。

可愛がって、愛すること。
愛情を伝えること。

これはいつでもどこでもできること。




愛情だけはテクニックは必要なしわーい(嬉しい顔)

誰にも教わらなくてもできること。



そして、これが小虎が一番に
必要としていることです。



なんだか意味不明の文章ですがあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

飼い主1号の独り言でしたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

お粗末っあせあせ(飛び散る汗)









にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬以外)へ
上
登録してます♪ぽちっとお願いします♪











ニックネーム はなぴ〜 at 22:42| Comment(8) | しつけ(トレーニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も聞いたことがあります。確かそういう役割を…「パピーウォーカー」と呼ぶんでしたっけ…?盲導犬のタマゴたちは、まず、お子さんもいるような一般的なご家庭で可愛がられ、一身に愛情を注いで貰うんですよね。やはり全ての始まりは愛情からなんでしょうね…。人間に対しての信頼や愛情、大切なコアの部分。それが育っていなければ、きっと、その後大きな役割を果たす盲導犬等には育て上げられないのだろうな…と思います。

育て方の良し悪し…正解、不正解。正直、私にもよく分かりませんが、大切なのはやはり「今」かなぁ…と。そして「これから」。今現在、愛犬が元気で明るく暮らしているならば、例え回り道をしてきたとしても、(わんこも人間も)決して気落ちする必要なんてないはずなんです…きっと(^^)。それに小虎ちゃんに関しても…個人的には、とっても素敵なわんこだと思っています。本当に、本当です…♪
Posted by shiipon at 2008年08月18日 02:42
愛情があるから躾けは成り立つし、愛情があるからこそ躾けをするんじゃないかな〜て菻ママは思います。
人間の子供でも同じですよね。色んな事を教えて、時には叱る事もあると思います
愛犬に、何が良くて何が悪いのかを上手に教えてあげる事は大事な事だと思います。
小虎ちゃんが、他人を傷つけたりせずフレンドリーに出来るのは、大事な事を教えて貰って来たからだと思います(*^_^*)
何も教えて貰えず、成長した子に、可哀想な子が多いのも長年見て来ました
小虎ちゃんは、最高に良い子です
隊長に爪の垢を欲しくくらい(;^_^A
ママさん、今のまま
溢れる愛情を小虎ちゃんに注いで下さいね♪
Posted by 菻ママ at 2008年08月18日 07:34
姫ママもお二方と同じ考えです。愛情がないとしつけることって出来ないと思うし、恐怖による押さえ付けたしつけはいつか破綻すると思うし…。
愛があるから叱るんですよね、姫ママ、叱ることは愛情だと思っています。愛がなければ関係は成り立ちませんよね、特に犬と人間はそうですもの。
警察犬って、めちゃめちゃ遊びながら訓練するっていうじゃないですか。遊ぶことが最高のご褒美。お仕事も楽しいと思えるように訓練するっていうし…。
飼い主と遊ぶことがご褒美になるっていうことは、犬が飼い主を好きだからですよね。嫌いな人と遊んでもつまらないし。
う…うまくいえないぞ。
でも、小虎ちゃん、めちゃめちゃイイコじゃないですか。ままさんの愛情たっぷりじゃないですか。
姫ママ、うらやましいですもん。信頼関係ばっちりってカンジしますもん。
しつけに正解なんてないんですよね。持って生まれた性格や資質が違うんだから、同じことしたって結果は違うもの。実際、姫は本にある方法は微妙な時もありますし。
過去があるから今の小虎ちゃんがいて、反省すべき点があれば生かせば良いだけだと思います。
姫ママの憧れですもの。自信もってください!!!
Posted by ちぇるしぃママ at 2008年08月18日 08:09
shiiponさん

「大切なのはやはり「今」かなぁ…と。そして「これから」。今現在、愛犬が元気で明るく暮らしているならば、例え回り道をしてきたとしても、(わんこも人間も)決して気落ちする必要なんてないはずなんです」

shiiponさん、そうですね。
過去に囚われてはいけませんよねわーい(嬉しい顔)
子犬時代、強制のしつけ優先で可哀想な育て方をしてしまった後悔がまだ時々出てきてしまいます。
そして何か躓くと、その頃の育て方のせいなんじゃないかって。
でも考えてみたら、その後の人生(犬生)の方が密度が濃かったはず。
飼い主が諦めさえしなければ、取り返しが付かない、なんてことないんですよねわーい(嬉しい顔)


そんな気持ちをshiiponさんにはすっかり見透かされてしまいました〜っわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
おはじゅかしぃですっわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)
そして気持ちを明るくしてくださって、
本当にありがとうございます黒ハート
Posted by at 2008年08月18日 08:40
菻ママさん

私も愛情がなければしつけはできない、と思うんです。
でも不器用なのか、新しいことを教えるときなんとなく普段と違うモードになりがちなんです。
すると、小虎が飼い主の異変?を見抜いて、ちょっとおかしな雰囲気に・・・。

山下先生は、日常こそが「しつけ」ですというようなことおっしゃっているのに、どうも私のしつけは非日常的になっちゃうんですもうやだ〜(悲しい顔)

「人間の子供でも同じですよね。色んな事を教えて、時には叱る事もあると思います
愛犬に、何が良くて何が悪いのかを上手に教えてあげる事は大事な事だと思います」

菻ママさんのおっしゃるように、当たり前のように大事なしつけをできるようになりたいですexclamation

「何も教えて貰えず、成長した子に、可哀想な子が多いのも長年見て来ました」
やはり愛情だけではだめなんでしょうね・・・。
愛情だけを与えてしつけを放棄するのは、
犬にとって残酷なことなのかもしれませんねふらふら

小虎が最高にいい子かどうかは、ちょっと置いといてあせあせ(飛び散る汗)

菻ママさん、いつもありがとうございまするんるん
いいんですよね、間違ってないんですよねるんるん
これからもがんばりま〜すぴかぴか(新しい)
(と、豚もおだてりゃ木に登る小虎ままなのでした〜。てへっるんるん


Posted by はなぴ〜 at 2008年08月18日 08:53
ちぇるしぃママさん

「過去があるから今の小虎ちゃんがいて、反省すべき点があれば生かせば良いだけだと思います。」

ちぇるしぃママさ〜ん!もうやだ〜(悲しい顔)
ありがとうございます!
目が覚めましたっわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

そうですねそうですね。
反省すべき点があれば生かせば良い。
本当全くその通りですっがく〜(落胆した顔)
なぜ、そんな簡単なことに今まで気づかなかったんでしょうがく〜(落胆した顔)

私、基本は体育会系でぐじぐじ悩むの苦手なんです。でも、何故か小虎に関しては・・・。
過去の「悪かったなあ、可哀想だったな」という気持ちが強くてつい・・・。

でもそんなこと小虎は求めてないですよねわーい(嬉しい顔)

ちぇるしぃママさんのおっしゃることよくわかりますわーい(嬉しい顔)
愛情があるからこそ、本当のしつけができるんですよねわーい(嬉しい顔)
叱ることもできるんです。

犬と飼い主の組み合わせは本当に千差万別で
しつけに正解なんてないですよね。
だからこそ、「今」の自分の犬をよく見てあげなくちゃ!ですねわーい(嬉しい顔)

ちぇるしぃママさんの憧れなんて、とってもとっても照れちゃいますけどあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
そういっていただけるなんて本当に嬉しいです。自信持ってやっていきますねっハートたち(複数ハート)
ありがとうございますっるんるん
Posted by はなぴ〜 at 2008年08月18日 09:05
しつけって考えすぎると窮屈になったり面倒くさくなったりして嫌になります。
でもわがままになって誰とも遊んでもらえなくなるのはもっと嫌だなぁって思う。

お散歩を始めた当初はいろんなものに興味があってひっぱたりすわりこんだりで大変だけどまだ子供だししばらくは自由に・・・と考えてたんですが、Y先生には「くせがついてから直す方がよっぽど犬にとって辛いよ。」と言われたことがありました。

犬の気持ちになってしつけをすればいいのでしょうが、難しいです。

しつけもかわいがることもどちらも愛情のうちなんでしょうが、メリハリをつけるのはとっても大変なことだと思います。

なんだかよくわかんない文になっちゃってすいません。
Posted by yamame at 2008年08月18日 12:20
yamameさん

いえいえ、良く分からないブログ記事にお付き合いいただいて、申し訳ありませんふらふら
コメント、ありがとうございますっあせあせ(飛び散る汗)

私は何頭もの犬や猫を飼ってきたんですが、犬とこんなに真剣に向き合ったのは、実は初めてなんですふらふら

真剣に向き合うと、今までの飼い方ならOKだったことも
「なんでこうなのかな?」と思ってしまうことがあるんですふらふら
そうすると、何でだろう?って考えてしまってふらふら

「Y先生に「くせがついてから直す方がよっぽど犬にとって辛いよ。」と言われたことがありました。」

そうなんですよね。
改めて聞くとまったくその通りなんですよねわーい(嬉しい顔)

きっと「しつけ」を特別のものと捉えちゃうと気が重くなったりしちゃうんですよねわーい(嬉しい顔)
毎日の生活の中での当然のことるんるん
そう思って普通に出来るようになりたいですよねわーい(嬉しい顔)

Posted by はなぴ〜 at 2008年08月18日 16:42