2008年07月10日

(本当は)ブログに書いてはいけない飼い主の本音

犬と暮らしていると色んなことがありますね。

今まで何頭かの犬(笑)犬や猫(笑)猫と暮らしてきて、
もちろん色んなことがあったけど。

「犬なんて(猫なんて)飼わなければ良かったもうやだ〜(悲しい顔)なんて思ったことありませんでした。

それは、生活に犬がいるのが当たり前な生活だったからかもしれません。

犬・猫がいなくなってしまったら、またいつのまにか飼っている。

それが当然のような感じで。

どの犬も猫も問題はそれなりにあったし、完璧なんてことなかったです。

でも、無条件に「うちの犬」が可愛かったし、
自分のうちの犬が一番可愛い〜るんるんともちろん思ってましたるんるん

それは、きっと、どんな短所があってもどんな犬でも、
誰から何を言われようとも、
「大切なうちの犬」だったからなんです。

それって、普通のことですよね。

IMG_1828.JPG








でも、小虎を飼うようになってから、
問題が起きるとちょっと思うことがあります。


何か問題が起きるたびに、
(飼い主が問題と感じること、
または誰かにそれはいけないと言われたこと)

そんなときに「大切なうちの犬」という気持ちを
棚上げしてしまって、直さなきゃ直さなきゃって。




そして、
小虎なんか飼うんじゃなかった・・・もうやだ〜(悲しい顔)って
一瞬頭を掠めることがあるんです。



今までの犬はどんな悪癖があっても無条件で
愛していたし、なんでこの犬はもうやだ〜(悲しい顔)
なんて思いませんでした。



では、どうして??
今までに飼った犬の中では、
小虎はダントツにいい子になっているのに・・・。
なんでその小虎にそう思っちゃうの??

どうして飼い主は、
「小虎なんか・・・」と落ち込むンでしょう??



よく言えば、しつけに対する向上心?
でも、それは違うと思う・・・。

だってもし本当にそうなら、犬を責めたりしないでしょう??
犬に合うように教え方を変えようとか
思うはずでしょう??



「小虎なんか・・・」と思うということは、
では小虎でなくて、どの犬ならいいの??
ということになりますよね。


じゃあ、どんな犬ならいいのかって考えると、
それは、今までの記憶と体験を元に
都合よく想像した犬なのです。


今まで会って来た犬や散歩仲間の犬、
しつけ教室で会った時の犬のいいところ。
犬のしつけに詳しい人に聞いた「いい犬」の条件。
こうにした方がいい、ああにした方がいいと
言われたことに見合う犬。

色んな犬のいいところの寄せ集め。
飼い主の都合のいい想像上の犬なのです。




そんな犬に小虎が勝てる日がくるでしょうか??

絶対絶対、来ないに決まってます・・・。



本当はこれ、記事にするかどうか迷いました。


だって「小虎なんか飼うんじゃなかった」なんて、
時々だって思ってしまうなんて気持ちの上での
虐待のようだし・・・。

多分これを読んで
「ありえない!サイテー!無責任!」
「だったら犬なんか最初から飼うな!」
と思う方いっぱいいると思います。

読んでくださる方も減っちゃうと思います。


でもでも、書いちゃいましたっふらふら
(気分を害された方、すいませんふらふら



でもね、もし、もしも、しつけに悩んでいる方で
少数派でも、そう思ってしまうことのある方がいたら・・・。


きっとそういう時って、無意識のうちに、
先代の犬とか他の犬とか、
まだ飼ったことない憧れの犬種とか、
美化した想像上の犬が、あなたの頭の中にいるはずなんです。


これが正しいかどうかわからないけど。

「そんな実在しない犬、追い払ってしまいましょう!」

そしてそんなこと思ってしまったときは、

「深呼吸して、一呼吸置いてから普段のあなたに
戻りましょうるんるん



最近は犬のしつけの情報が氾濫していて、
色なこと、試せるし、人から教えてもらうことも
たくさんあります。

「しつけをきちんと勉強する人が愛情が深い飼い主」と
今までは思っていましたが、そうでない人も多いような気がします・・・。


「もしこの犬じゃなかったら」なんて思うなら、
そういう人の予備軍かもしれません・・・。

・・・そんな人にならないようにしましょうね。



頭でっかちにならないようにしましょうね。


犬と暮らす時に一番使うべき場所は、
頭ももちろん大切ですが、ハートのはずですものね黒ハート


頭でっかちでしつけている人は、
ちょっと怖い顔しています。
いつも他の飼い主さんと犬を「いい」とか「悪い」とか判断するような目で見ています。
そして心の中で自分の犬と比べています。
そういう人の「いい犬」の線引きは非常に画一的です。


反対にハートで暮らしている人は笑顔が多いです。
どの犬にもどの飼い主さんにも平らに接しています。
色んな犬の個性を楽しんでいるように見えます。
(ステキだな、と思う飼い主さんはそういえば
みんなこんな感じでした。)




今日の記事は、愛犬家のみなさんから、
自分の犬に対してそんなこと思うなんて、
犬を飼う資格がない!なんて思われちゃうかもしれないけどあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


これが飾らない隠さない本当の気持ちです。




そして、歩みは遅いけど、

転がりながらだけど、

進んではまた戻ったりもするけど、

小虎と一緒に成長していけたらな・・・って思うんです。



これを読んでもまだ呆れずに
お付き合いいただける方がいるなら、
本当にうれしいです。


これから、まだまだ「甲斐犬小虎の成長記」は
続きます・・・。


えと、

本当のタイトルはきっと・・・。


「甲斐犬小虎と飼い主の成長記」ですね。

1112223.JPG

長く読みにくい記事ですいませんでした・・・あせあせ(飛び散る汗)


ひらめきでも6/30のブログはどうか御覧下さい。
ボーダーコリー誘拐の記事です。
お心当たりのある方は、ご一報ください。



にほんブログ村 犬ブログ 日本犬(柴犬以外)へ
上
登録してみました♪ぽちっとお願いします♪





























ニックネーム はなぴ〜 at 11:24| Comment(15) | しつけ(トレーニング) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小虎ママさんの事、菻ママは尊敬しています
小虎ちゃんと真剣に向き合ってるからこそ、悩んだり考えたりするんですよね
誰だって、問題から目を背け、気がつかない振りをする方が楽
でも、小虎ままさんは違って、問題に前向きに対処してるじゃないですか!
菻ママの好きな歌にこんな歌があります
いつかお互いがいる世界が掛け替えないものになるんだ
今はこの手が約束果たせる日まで支えるよ。強く

甲斐犬を飼うようになって、菻ママも風吹なんて飼わなければ良かったと何度思った事でしょう

でもいつかお互いが居る世界、それはきっと、傍にいるだけで解り会える心と心が繋がってる世界
そんな関係になれるように転んでも転んでも、たちあがって行ければと思います。
だって、犬は何万頭も居るんですよ
その沢山の犬種から甲斐犬を選び、そして小虎ちゃんと出逢えたんじゃないですか
これって、素敵な事だと思いません?ねっ(o^∀^o)

この素敵な出逢いを大事に頑張ってください
Posted by 菻ママ at 2008年07月10日 15:28
菻ママさん

本当に本当に菻ママさんにはお世話になってばかりです。
涙で前が見えません〜もうやだ〜(悲しい顔)
ありがとうございますもうやだ〜(悲しい顔)

♪いつかお互いがいる世界が掛け替えないものになるんだ
今はこの手が約束果たせる日まで支えるよ。強く♪

いい歌ですね・・・。
犬は飼い主次第ですものね。
自力では暮らしていけないわけだし。
支えていかねば!

犬の学習能力が云々と勉強すればするほど、
もう遅いの??って言葉が頭をよぎります。
でも、きっと諦めたらそれでお終いですよね。
カミングアウトしたここからがスタートラインだと思って、また新たな気持ちでがんばっていきますネわーい(嬉しい顔)るんるん

Posted by はなぴ〜 at 2008年07月10日 20:46
読みながら、小虎ままさんは勇気のある方だと思いました。こういうことは普通、隠したいことだと思うんです。あまり人には言いたくない…。それは自分の非を認めることでもあり、誰かに反発されるかも知れないことでもあり…ちょっと怖いことだからです。でもあえて、小虎ままさんは告白された…。凄いことだと思います(^^)。

実は私、ぽぽが毎晩のように夜鳴きしていた頃、「うるさーい!」と怒鳴ってしまったことがあります。そんなことを言っても、耳の悪いぽぽには聞こえません。それに何より、老いたぽぽには何の罪もありません。なのに、どうしてなのでしょう…その時の私はイライラしていて、自分の気持ちを優先してしまいました。ぽぽの方が余程辛い思いをしているのに、何て冷たい人間だろうと思います…。でも、その事をある人に告白したら(その人は子持ちです)、「自分の子供にだって、そう思うことはよくある」と…。それに「本当に冷たい人は、そんなこと思わない」と励まされました。

生き物を育て、共に暮らすことは簡単なことではありませんよね。後悔していること、反省していること…多かれ少なかれ、皆さん抱えているのではないでしょうか。少なくとも私には覚えがあります。…実際のところ「もし私ひとりなら、生き物を飼う資格はない」と思っているんですよ。家族が助けてくれるから、何とか飼っていられるだけなんです。

こんな私ですから、小虎ままさんを酷いままさんだとは思いません。逆に、小虎ままさんの犬に対する姿勢がどれだけ真剣なのかが伝わって来ました。私の方こそ、呆れられていなければ、これからもお付き合い宜しくお願い致します…m(_ _)m。
Posted by shiipon at 2008年07月10日 20:54
何だか、感動しちゃった。

のあの躾が、思うように進まなかった時…
のあの病状が悪くて、ごはんを殆ど食べず痩せ細ってた時…
いくら頑張っていても周りからイロイロ言われて、毎日落ち込んでいた時…
毎日、悔しくて悲しくて辛くて泣いていました。
毎日、私がのあを選ばなかったら…そればかりでした。
もっとイイ暮らしが出来たんじゃ?…とか、
広い庭のある大きなおウチでノビノビとしてたんじゃ?…とか、
病状もこんなに酷くならなかったんじゃ?…とか、
躾もバッチリ入った素晴らしい和犬になったんじゃ?…とか、
毎日のように悩んで、のあに八つ当たりをしてしまったコトだって何度もありました。
…今でも、私のダメさ加減が酷くて今でもそう思う時があります。
のあが悪いワケじゃなく…私が、肉体的にも精神的にも弱かったからだと思います。今でも、まだまだですけど…。
ヒトはヒト、ヨソはヨソ、ウチはウチ…なんてコトも悩んでいる時には、判っていても、心底には思えないモノです。
紀州犬のコトをロクに知らないで飼い始めた私なので、躾を入れて『他人様にだけは迷惑を掛けないように』と、訓練をしようと思ったんです。
犬嫌いではあったけれど、命の有るモノを飼う以上はキチンとしなくては…と、そればかりでした。なのに家族がなかなか理解してくれなかったので、出だしから随分と遅れました。
『家族はアテにならない。私がやらなくっちゃ…。のあには、私しか居ない。』なんて、空回りばかりだったり…。
…でも、のあという新しい家族のお陰で、外に出掛けるようになりました。友人もたくさん出来ました。『飼わなきゃ良かった』の陰の思い以上の陽の思い『飼って良かった』と思える瞬間が判るようになって来ました。きっと小虎ままさんもそうですよね。

もしかして…先日、私がブログで弱音を吐いちゃったからかしら…?
Posted by のあの姉 at 2008年07月11日 00:21
夜泣きがヒドくてお母さんにペチ(軽く)されたことがある(らしい)姫ママです。
人間だってそうなんです、shiiponさんのこと、冷たいなんてダレも思わないですよっ。
そして姫ママ、思いました。ままさんは、小虎ちゃんとの距離が近い分、より良くしようと勉強している分、小虎ちゃんの良い部分悪い部分をたくさん見るし、理想と現実のギャップに悩むんだと思います。仲が親密であればある程、悪い面もたくさん知りますもの。
姫ママ、王子との関係は姫よりずっと希薄だったので、大きく悩んだりもしなかったんです。でも、姫とは毎日同じ家の中で一緒で…関係が王子より密な分、良いトコロ悪いトコロたくさん知ってるつもりです。
そうすると、気持ちが鬱々としていたり疲れていると「いなかったらラクなのに」と頭を掠めます。もちろん、それ以上の癒しをくれますが、空気読めない姫ですから、慰めてはくれません。苦笑。そのノーテンキさが癒しなんですが…。
お互いが別の感情をもつイキモノです。すれ違う時もたくさんあるでしょうし、ましてや相手はコトバでは伝えられません。苛々したりマイナス思考なんて…普通じゃないかな、と思います。
姫ママからみた【ままさんと小虎ちゃん】【菻ママさんと風吹君】、姫ママと姫よりイイなぁーと憧れていますが。姫ママらしく姫らしく、ノーテンキにいければ、と思います。きっと内側を知らないからっていうのもあるのでしょうけれど…。
小虎ままさん、今回の記事、ホント、なかなか書けない内容だと思います。姫ママ、みんなも悩んだり…なんか嬉しいです。
Posted by ちぇるしぃママ at 2008年07月11日 08:14
みなさん真剣に考えてらっしゃるんですね
反省しなきゃだわ顔(汗)
私なんかホントに能天気な奴でして、実のところ、あんまり深く考えてないんですふらふら
これまでアナンの事で悩むような事もなかったし・・・
よーく考えれば、躾だってちゃんと教えなきゃとかってあるんだけど
アナンに比べたら小虎姐さんは、とってもできるワンコで羨ましい限りですGood
でもアナンも私的には良くできたワンコだと思ってるんです
こんないい加減でグウタラな飼い主でも、文句も言わず(言えない犬(泣))懐いてくれて顔(ペロッ)
憲ちゃんとも「貰って来たのがアナンで良かったね」っていつも言ってるんです
今のとこ困った事といったら、毛が抜ける事(これは仕方ない)とクチャイ事(早く風呂入れろよ犬(怒))くらいかな
Posted by きょっぴー at 2008年07月11日 11:43
初めまして。
ちょくちょく拝見していたんですが、ブログランキングで見かけてお邪魔しちゃいました。
うちも甲斐犬でいま4ヶ月半です。
やっぱり言うことを聞いてくれなかったりイライラしてるときは感情的になって怒ってしまいます。なんで飼っちゃったんだろうとまではまだ思った事はないけど人事ではない気がします。
でも小虎ママさんのブログは雫を(うちの犬です)育てるうえでとーっても参考になります。
また遊びに来ます。
小虎ママさんのまっすぐで正直なところ素敵だと思いますよ。
Posted by yamame at 2008年07月11日 13:31
めちゃめちゃ共感をおぼえましたよ♪

私の場合は、まやすけに同じ思いをすることがあります。
気迫がないビビリは、日常生活では支障ありませんが、展覧会に出すとなると厳しいものがあります。
内弁慶な姿をみるたびに、あ〜あ・・・と思います。
まやすけがいなかったら、次にいい子犬が産まれた時に残せる頭数が1頭ふやせるのにな、とかも思ったりします。
だからといって里子に出したりはしないのですが、そういう思いがよぎることはやっぱりあります。
とくに、うちの場合は、理想的な気迫の月が一緒にいるので、余計そう思ってしまいます。
比べるのが過去の犬ではない分、残念に思う機会は頻繁にあります。

なにか目的があって飼う時に、その目的に沿わない犬、しかも訓練や矯正が難しい時、誰しも、同じように思うのではないかと思います。
使役犬やショードッグに限らず、家庭犬でも同じではないかと思います。

愚痴って気持ちが楽になって、また明日からこの子と頑張ろう!って思えるのなら、どんどん愚痴りましょう!
私も、尊敬する小虎ままさんでさえ同じことを思うときがあるんだなぁって思って安心しましたよ♪
Posted by Suzuka at 2008年07月11日 18:46
shiiponさん

いえいえこちらこそっ!
これからも、どうか末永くお付き合いくださいわーい(嬉しい顔)
shiiponさんもそんなことがあったんですね。少しほっとしているわたくしです・・・。
でも、姫ママさんのおっしゃる通り、冷たいなんて思いませんっ。
やっぱり犬も人間の血の通った生き物ですものね。色んな感情があって当たり前で。
もしかしたら、押さえれば押さえるほど、それは歪んだ感情になってしまうのかもしれません。
押さえて押さえて「今は、この犬のために」なんて思うより、溢れちゃう感情なら出したほうがいいのかもしれませんよね。
それが生きているってことだし、動物と暮らすことかも。
それに、そうしなければ本当の意味でお互いの距離は近づかないないのかもしれません、なんて思いましたあせあせ(飛び散る汗)

私も家族がいなければ、ちゃんと飼えていないと思います。
shiiponさんと同じですっわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

でも、考えたら人間同士だって日々満足に相手のために生活できていないですものね。
ペットも家族。
だから、ペットも含めてみんなで笑いあったりけんかしたりして、肩肘張らずに暮らしていく。
それが自然なのかもしれないですねるんるん

shiiponさんのブログを拝見すると、そんな
和やかな気持ちになるわたくしなのですっ黒ハート 


Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 10:16
のあの姉さん

同じです〜。
私も飼うときに「人様に迷惑を掛けないように」とまず思いました。
引っ越してきて、ご近所のこともあったし、
実家より今住んでいる所の方が、お街で犬や人と会う事がとても多いから。

そして何より、どこにでも一緒にいきたい、と思ったからです。
「甲斐犬はきつい、危ない」と言われたりしたころを真に受けて、間違ったしつけをしてみたり・・・。
結果が出ないとやっぱり落ち込んで、「日本犬は」なんていう人がいるたびにがっくりきて。
そんなときはのあの姉さんのおっしゃるように「ヒトはヒト、ヨソはヨソ、ウチはウチ…なんて」思えないんですよね。

きちんと育てなきゃ、人様にご迷惑にならないように・・・そんな思いばかりが先行しちゃってくるくる空回り。
犬との暮らしでこんなに自分の弱さとか人間性を見つめるようになるとは思いませんでしたっあせあせ(飛び散る汗)

でもダメダメ人間の私も最近は少し
人として成長してきたような気がしますわーい(嬉しい顔)

それはやっぱり小虎のお陰るんるん

何かを真剣にやってみるというのは、
それに伴って苦痛もあるけど、やっぱりいいことですねわーい(嬉しい顔)

これからもがんばりましょうねぴかぴか(新しい)
Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 10:27
のあの姉さんへ追伸

あ、のあの姉さんのブログ読んだからってわけではないですよっわーい(嬉しい顔)

ちょっとがっくりすることが度重なっちゃったんです〜およよ〜もうやだ〜(悲しい顔)
もうお陰で元気になりましたっぴかぴか(新しい)

Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 10:29
ちぇるしぃママさん

「王子との関係は姫よりずっと希薄だったので、大きく悩んだりもしなかったんです。でも、姫とは毎日同じ家の中で一緒で…関係が王子より密な分、良いトコロ悪いトコロたくさん知ってるつもりです」
この姫ママさんのコメント読んで、
はっ!と気づかされた私です。

そうだ〜exclamation
そうだったんだ〜わーい(嬉しい顔)

今まで飼っていた犬は、ずっと外飼い。
こんな長い時間顔を合わせて暮らした犬は
初めてです・・・。

絆が密だから・・・。

そうなんですね〜exclamation×2

目から鱗がっexclamation×2

ちぇるしぃママさんったら、
お若いのに、あんなかわいらしくて華奢なのに(関係ない?わーい(嬉しい顔)だって本当に可愛らしいんですもの〜るんるん)すごいっ。
冷静且つ客観的な洞察力exclamation

なんだか目の前の霧が晴れたような気が・・・ふらふら

こんなうだつの上がらないおばちゃんママブログですがもうやだ〜(悲しい顔)、これからもどうぞよろしくお願いしますっふらふら


Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 10:40
きょっぴーさん

そんなきょっぴーさんに飼われたアナンちゃんはとっても幸せだと思いますっるんるん
小虎もきょっぴーさんに飼ったもらったら、もっと幸せだったかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)な〜んて思っちゃうのですわーい(嬉しい顔)

何かが色々できたとしても、飼い主さんとの
充実した生活がないと、意味がないですもの。

しかもアナンちゃんは、成犬になってから
きょっぴーさんのおうちに来たんですものね。きょっぴーさんは懐が深いなぁるんるん

甲斐犬の抜け毛は・・・確かにすごいです・・・ヨネあせあせ(飛び散る汗)
くちゃいのは・・・あの・・・お風呂に入れてやってくださいな顔(イヒヒ)



Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 10:46
yamameさん

はじめまして♪
コメントありがとうございますっわーい(嬉しい顔)
PC弱いんですが、苦心惨憺でブログ村に登録しましたあせあせ(飛び散る汗)
そのお陰でyamameさんとお会いできましたわーい(嬉しい顔)
がんばってよかった〜もうやだ〜(悲しい顔)

雫ちゃん、可愛い盛りですねっわーい(嬉しい顔)
でも、やんちゃ道爆進中でしょうか?わーい(嬉しい顔)
雫ちゃんブログ発見しましたっぴかぴか(新しい)
お邪魔しますねっわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 10:51
Suzukaさん

あのっあのっ!
尊敬しているのはこちらです〜あせあせ(飛び散る汗)
憧れのSuzukaさんにそんなこと言っていただいたら、あの、あの、もう赤くなって舞い上がってノボせて鼻血噴いちゃいマス・・・あせあせ(飛び散る汗)

Suzukaさんもそんな風に思うことがあるなんて、私も安心ホっとしましたもうやだ〜(悲しい顔)

使役犬もショードッグも家庭犬も一緒。
そうなんですね。
なんだかそれを聞いてまたほっとしました。
使役犬・ショードッグなどを飼っている飼い主さんもそういう風に思うことがあるんですね。

そっかぁわーい(嬉しい顔)
「明日の為に」
「またがんばろう」って思えるなら、
どんどん愚痴っちゃっていいんですねわーい(嬉しい顔)
Suzukaさん、ありがとうございまするんるん
気持ちが元気に明るくなりましたわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年07月13日 11:01