2008年05月23日

無計画な犬小屋・夏仕様

CAOIRLEB.jpg

小虎邸。
(ホームセンターの資材館で見つけました)

屋根付・扉付き。

でも、この扉は閉められることはなく。

取り外しもできません。

以前はね、この扉閉めるはずでしたふらふら

だってね、雌犬にラブ黒ハートシーズンが来ると、
雄犬は柵を飛び越えたり、地面を掘ったりして犬(笑)求愛に来るって聞いたので。


だから、扉付の屋根付なんです。

(以前はずっと外飼いの予定だったし。今は半々の生活です)


だが、しかし!!



その後、避妊手術をしてしまって・・・ふらふら

このサークル、全く意味がなくなってしまいましたふらふら

今では、扉は開いたまま。


しかも、サークルだけでは落ち着かないだろうと、
屋根付のサークルの中に屋根付きの小屋という
奇妙な形ふらふら 

(あ、ちなみにこの小屋。二代目です。
一代目は小虎が小さい頃、新築を噛み噛みして、あばら家にリフォームしてしまいました)

表札は隣のおうちの女の子が書いてくれました黒ハート
ちょっと消えかかって見えないけど、
「ことらのおうち」と小虎の似顔絵が描いてあります。
下
CAR0WSPE.jpg


南側の小虎の小屋は晴れ日が当たると
猛烈に暑いです。

そうでなくても黒毛なので、熱吸収はすさまじく、
苦肉の策が、周り中すだれで囲む作戦わーい(嬉しい顔)

後ろ側からの写真
(撮り方で大きく見えますが、そうでもないです)
CA70ZA94.jpg
まるで、すだれの王国?(笑)

で、外に出したまま、留守にするときは、
すだれに水をかけて出かけます。
(余計蒸し暑いのかなぁ?ふらふら

ここまでしても、猛暑の夏、日中置いておくのは
ちょっと不安があるくらい暑くなります晴れ

これからの季節は、黒毛で南向きの犬小屋の犬には
辛い季節でございますふらふら









ニックネーム はなぴ〜 at 11:11| Comment(24) | 犬の健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いつも、大変楽しく拝見させていただいています。うちのアホリッシュ・セターも似た性格で、人に飛びつくわ、ものは壊すわ、で、ドッグ・ランにいっては、いろいろな、ものや、小さい子供をなぎ倒してきました。(本当にごめんなさい)
 でも、今、1歳を越えたあたりですが、なんとなく落ち着いてきた気配がなくはないかなあ、くらいの感じです。
 本当に、このホームページが勉強になるのは、飼い主の余裕こそ大事なんだと言うことを知ることですね。
 夏には、うちのアホリッシュは本当につらそうで、昨年は、体中に斑点が出ました。
 今年はそうならないように気をつけるつもりですが、うーん、どうかなあ。飼い主のほうが、おっとり気味の我が家です。
 これからも、楽しいブログを期待しています。お体をご自愛ください。(愛犬も含めて)
Posted by Hal at 2008年05月23日 20:24
Halさん

アホリッシュなんてっ! ハルくん、とってもお利口で性格がいいと思いますわーい(嬉しい顔)

おばかブログで誤字脱字、乱文だらけでお恥ずかしいですがもうやだ〜(悲しい顔)、これからも何とかがんばって続けていこうと思っていますあせあせ(飛び散る汗)

私も最近になってようやくどんなときも余裕を持って接しないと、いい方向には向かないんだなぁと思いました。
しつけに関しては、Halさんの方が良くご存知ですものるんるん
参考になることはあまりないかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)、天然ダメ飼い主ブログ、楽しんでくださいねわーい(嬉しい顔)

たかが犬、されど犬でございます。
犬は、自分を映す鏡かもしれませんネわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

Posted by はなぴ〜 at 2008年05月23日 23:06
まあ揺れるハートすてきな豪邸ですこと
アナンのあばら家の何倍かしら顔(メロメロ)
空間が広いので、ゆったりしますねGood
アナンの家も日が当たるので、朝の散歩のあとは北側の裏庭に移動します
午後はそこに日が当たるので、小屋に戻りますふらふら
冬は風が吹き込むので、小屋の前に板を立てますあせあせ(飛び散る汗)
可哀想なアナン・・・顔(泣)
私は家に入れてあげたいんだけど・・・
確かに黒いから熱吸収がいいですね
冬は毛皮付きで暖かいけど、これからの時季は焼けちゃうくらい熱いですよね顔(汗)
バリカンで刈っちゃおうかしらって、何度思う事か顔(イヒヒ)
Posted by きょっぴー at 2008年05月23日 23:34
きょっぴーさん

小虎には勿体無い豪邸ですよね?
今となっては何でこんなの作っちゃったのか・・・って感じですふらふら
手術するなら、犬小屋だけで良かった・・・ふらふら
でも、お陰で日陰が作れますわーい(嬉しい顔)
アナンちゃんは日陰を求めて移動してあげるんですねるんるん
きょっぴーさん、優しいなぁるんるん
バリカンで刈ったらどんなアナンちゃんになるんだろう??想像が膨らんで、眠れなくなりそうです!(笑)
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月23日 23:56
な、なんて豪邸なんだ、小虎ちゃん…!!
姫は夏はエアコンの部屋にいます。お留守番をしていると寂しいから物を破壊するので、ケージにいれられていますが…エアコンの部屋でのんびり…うらやましい。
でもーきっと姫的には、遊びたいしつまんないよっ!て思っているんだろーなぁ。
小虎ちゃん、ステキなおうちでよかったね。何か涼しくなる良いワザはないのかしら。
Posted by ちぇるしぃママ at 2008年05月24日 10:39
ちぇるしいママさん

立派な?犬舎よりも、小虎は家の中がいいようです・・・もうやだ〜(悲しい顔)カナシイ・・・。

ちぇるしぃちゃん、うらやましい。
クーターの効いたお部屋でのんびり過ごして
いるんですねるんるん
小虎家はニュースにも出る猛暑地区でして。
ほんと、何かいい方法はないかなぁ。

小虎にとっての一番は、やっぱり、クーラーの効いた家の中なんでしょうけど顔(イヒヒ)



Posted by はなぴ〜 at 2008年05月24日 11:03
本当だ!!隊長、小虎ちゃんに似てる〜〜
我が家も、同じ サークルに犬小屋を
用意したのに、現在は住む子も居なくて
空家状態

時々、猫衆が住まいにしてますもうやだ〜(悲しい顔)

それに、思いっきり南向きで夏はサウナみたいに暑いんですよね
だから、日よけに我が家では園芸用の
遮光ネットを使ってま〜〜す
あれ、お薦めですよ
日光を70%遮光してくれるし、ネットなんで
風通しも抜群Good

おまけに、大きさも様々あるんでサークルの上から横まで好きなように覆えるんで、夏も快適で〜〜す
Posted by 菻ママ at 2008年05月24日 12:38
そうかあ…。黒毛なだけに、夏は辛いのですね。
うちも外飼いを検討してます。夏はかなり工夫してあげないとかわいそうなんですね。うむむ。
皆さんのお話、参考になります。


それにしても小虎ちゃん、立派なおうちですね。表札がまた素敵♪
Posted by ねこた at 2008年05月24日 16:44
菻ママさん

なんて素晴らしい情報るんるん
菻ママさん、ありがとうございますわーい(嬉しい顔)揺れるハート

雨梅雨が過ぎたら、遮光ネットにしてみますぴかぴか(新しい)
すだれは、消耗も早いのですが、遮光ネットは丈夫そうですねわーい(嬉しい顔)

軍団のみんなも、外のおうちは、
空き家状態なんですね〜。
犬を飼うのは、最初の予定通りいかないものですよねわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月25日 09:37
ねこたさん

日本犬は日本の気候には十分対応できると
いう話ですが。
真夏は、南向きは可哀想です。うちは、小屋のあるところがコンクリートだし、土の部分は芝なので反射があるし、結構過酷な状態かもですっあせあせ(飛び散る汗)
本当は、夏は半日陰、冬は日当たりのいい場所に移動できれば一番いいんですよね。

Posted by はなぴ〜 at 2008年05月25日 09:40
うちの小屋は入り口が東にある家のリビングの窓に向いていて・・・
南と西からお日様燦々と・・・・
夏が恐怖です・・・

うちもすだれとかよしずとか考えようかなぁ・・・・
または小屋の移動?!(^^;
Posted by みゆみゆ at 2008年05月25日 09:52
みゆみゆさん

うっ、それは小虎邸同様、過酷な状態に
なっちゃうかもしれませんね。
自宅にいるときは、繋留場所を変えてあげられるんだけど、留守のときが心配なんですよね・・・。

何かいい案が浮かんだら、教えてくださいねわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月25日 10:17
そうですね。冬寒く夏暑いといわれる盆地、山梨に生息していたわんこなので、寒いのも暑いのもへっちゃらなのでは…と勝手に思っていたのですが。
甲斐犬のふるさとといわれる南アルプス周辺は、よく考えたら高地ですし、「寒冷地」といってもよいくらい(?)の気候かもしれません。
関東の過酷な夏に耐えなくてはいけないのは、確かにかわいそうですね…。

でも、我が家のにゃんこ達、黒くてでっかいのが家の中に入ってきたら、それこそパニックものだと思うんですよね。
ん〜、難しいところです。

ところで、外につないでいるときって、蚊やノミ・ダニなどの対策は、何か特別にしていらっしゃいますか?
Posted by ねこた at 2008年05月25日 13:10
りっぱな小虎邸、3年の間に2棟目だなんてリッチだねー。
そうかー、あの位置だと夏はきびしいね。冬は陽だまりになって快適に過ごせそうだけどね。でも、すだれだあるだけでも大分効果あると思うよ。小虎ちゃんもパンチも黒いから背中アッチッチで夏はかわいそうだね。
Posted by パンチママ at 2008年05月25日 18:55
寒い時は、何とか暖かさを工夫出来るけれど、暑いのを涼しくするのって本当に難しいですよね。でも、きちんとすだれをしてもらって、小虎ちゃん嬉しいですね(^^)。

我が家では、外にクールマットを敷いてました(なるべく陽の当たらないところに…)。あまりにも暑い時には気安めかも知れませんけれど、ぽぽはいつも、その上でヘソ天で寝てました♪
Posted by shiipon at 2008年05月25日 20:12
ねこたさん

私も山梨は盆地で暑いから、平気かな?と思っていたんですがふらふら
関東最高気温とかになってしまう我が町
(前橋市というところなんです)で、
南向きの犬舎はかなり辛いようですっふらふら
でも、木陰があれば随分違うかもしれません。
人工的な日陰よりも、木陰の方が断然涼しいですものねわーい(嬉しい顔)

ノミ・ダニに関してはフロントラインプラスを使っています。
(卵まで駆虫するタイプ)
これは、殺虫剤だという人もいて、
していない方もいるようです。
うちも最初は、アロマオイルやハーブなどで
虫除けをしていましたが効果は多分なかったと思います。
アロマオイルで虫除けスプレーを作って吹き付けても、甲斐犬の毛はダブルコートでふかふかなので、中までは浸透せず、ダニがいたことがあります。それならノミもこちろんいるわけでしてふらふら
獣医さんによると、フロントラインが、「犬に有害」と書いてある本などには、特に医学的なデータもついていないので鵜呑みにするのは逆に危険とのことでした。
ノミ・ダニの害の方が大きいということでしょうか。
(ホームセンターで売っている犬猫用のノミダニ除けは中にはとても危険なものがあるともおっしゃっていました)
この件に関しては、各飼い主さんの判断ですよね。一概にどっちがいいとは言えないような気がします。

犬舎に関しては、基本的なことですが、
・毎日掃き掃除(抜け毛が結構すごいので)
・犬小屋の中の敷物は頻繁に天日干し
・コンクリート部分はデッキブラシで水洗いする

蚊については、フィラリアの薬を飲ませているのと、煙が小虎にかからないように、犬用蚊取り線香を使っています。
(でも犬用蚊取りって有害かもしれないですね・・・。今度成分見てみよう)

蚊の多い季節の夜は、玄関にいれてあげたりするのもいいかもしれないですね。
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月25日 22:13
パンチママさん

そうよ〜。二棟目なんてリッチでしょ?
でも、一棟目は安普請だったんだぁ(笑)。
二棟目は、ちょっとやそっと噛んでも平気なのうを選んだの。
でももうかみぐせもなくなってたから、安普請でも良かったかもねっふらふら
パンチくんも背中は黒いからね〜わーい(嬉しい顔)
黒背中二頭の散歩は涼しくなってからだねわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月25日 22:21
shiiponさん

クールマットですか♪
今度日陰部分に置いてみようかな。
びびり小虎がそれに乗るまでが大変かも
・・・でも、暑ければ背に腹はかえられん!っと乗ってくれるかもしれないですねわーい(嬉しい顔)
ぽぽちゃんのへそ天・・・そんな格好で寝ていられたら、わたくし、絶対おそっちゃいま〜すわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月25日 22:26

犬舎の清潔を保ち、駆除用の薬を適宜使用、ですね。
ありがとうございます! しっかり覚えておきます。
Posted by ねこた at 2008年05月28日 23:06
ねこたさん

うちのはあまり参考にならない・・・かも・・・。
良かったら、ブログリンクの方々が甲斐犬飼いの先輩なので伺ってみてくださいねあせあせ(飛び散る汗)
なんちゃって甲斐犬だけに、飼い主もなんちゃって飼い主でございます〜ふらふら
Posted by はなぴ〜 at 2008年05月28日 23:37
これから暑くなる季節なので、ブログなどで、愛犬の害虫対策に触れてらっしゃる方も増えてきたようです。あちこち徘徊しては覗かせていただいております。。。

私の見た限りでは、やはり皆さん、フロントライン愛用の方が多いみたい。

フロントラインって、首の後ろに一滴たらして…という、アレですよね?
うちは猫多頭飼いのため、お互いになめちゃうから使えないし、それを思うと万が一にでも家にノミを持ち込んだら、おおごとになりそうです。

犬は一頭飼いの予定なので、フロントラインに頼るのもいいかもしれませんね。
あれって、首にたらしただけで、なんで全身のノミがいなくなるのでしょうか???
仕組み(?)を、ご存じですか?
Posted by ねこた at 2008年05月31日 19:29
ねこたさん

http://www.nomidani.jp/products/plus.php
フロントラインのHPです。見てみてくださいね。

フロントラインは、一滴ではなく、犬の体重に合わせた容量のものを一本地肌につけます。
経皮吸収(体内に入って液が全身をまわるのではなく)皮膚表面の皮脂を通って皮膚全体にまわるらしいです。
詳しく聞いたんですが、ちょっとうろ覚えですが、確かそんな仕組みだったと思います。

フロントラインのHPにもあるように、防虫ではなく駆虫です。
それなので、一端はノミダニがつくこともあるようです。
駆虫は恐ろしいと言う人もいますが、
防虫(虫も寄り付かないほども液体)の方が怖いような気がします。これはどっちもどっちですが・・・。

犬の皮膚の仕組みが人間と同じなら、
フロントラインが影響する皮脂腺は、血管が通っている場所(皮下組織)よりも上の部分にあるので、物理的には血液(体内)に入り込むことはないように思います。
ただ、フロントラインの成分に、もしも強く浸透させる成分が入っているなら、もしかすると微量かもしれませんが、体内に入り込むかもしれません。その場合それは解毒されるほどの微量なものか、長い期間、蓄積されると何か副作用が起きるのかはちょっとわかりません。(繰り返しますが、浸透成分が入っていれば、の話です)

体内に浸透することがないのなら、皮膚表面のみの副作用になると思うので、皮膚の弱い犬、アレルギーのある犬は使えないかもしれません。

あまりはっきりしなくてごめんなさい。

もしこのコメントを読んでいて、フロントラインに詳しい方がいたら書き込みお願いしますわーい(嬉しい顔)

Posted by はなぴ〜 at 2008年06月01日 00:02
ありがとうございます!
URLをたどって、見に行ってきました。
(ごめんなさい。自分で探すべきでしたね)

なるほどなるほど。です。
「一滴たらすだけ」というわけではないのですね。私の記憶違いでした。
そして、時間が経てばペットが舐めても大丈夫、という点もちょっとびっくりです。なんか、だいぶ勘違いをしていたようです。

首に一滴たらすことで、ノミがその部分を通った場合だけ死ぬってこと?! そんなのあんまり効果なさそうだけど、どうしてこんなにフロントライン人気が続いているの?? と、間違ったギモンだらけでございました。大変失礼いたしました。
(多分、昔のノミ取り首輪の説明か何かと混同していたんだと思います・・・)


駆虫効果に関しては、「虫が死ぬような薬品をペットにつけていいのか?!」という気持ち、わからなくもないですが。
でも、もともと殺虫剤というものは、メーカーの言葉を信じるならば「虫の中枢神経を麻痺させて死にいたらしめる」ということであって、ほ乳類への影響はそれほど大きくはない、という説明もありますし。
小虎ままさんの(獣医さんの)おっしゃるとおり、闇雲に怖がるばかりでは、何も解決しませんよね。

情報ありがとうございました。
Posted by ねこた at 2008年06月01日 12:31
ねこたさん

いえいえ、私も改めて思い返して、勉強になりましたわーい(嬉しい顔)

フロントライン反対派?の飼い主さんも
多いようですので、そういう方の意見も
聞いてみるといいかな、と思いますよ。

以前覗いたブログでは、フロントラインは信用できないので、ノミもダニも全部自力で取っています!という強者飼い主さんもいらっしゃいましたわーい(嬉しい顔)

実際皮膚が弱くて使えないワンコもいるようです。
それがフロントラインの内容成分のせいか、アルコールのせいか、その辺りもワンコによってちがうかもしれません。

ではではわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年06月01日 19:01