2008年01月27日

小虎、甲斐犬に襲われる

昨日はK9教室でしたわーい(嬉しい顔)

教室とは言っても、犬の複合施設(ドッグラン・ペットショップ等)
の無料イベントのひとつなので、時間は短いのですが・・・わーい(嬉しい顔)
椅子取りゲーム・おいで競争を楽しくしてきました。

ただ、写真を取れるほど余裕もない飼い主なので、教室の写真はありませんあせあせ(飛び散る汗)

そこのドッグランに、以前遊んだことのあるワンコがいました黒ハート
そして、もう一匹甲斐犬くんが黒ハート 中には二匹だけ。

柵の外からお鼻を突き合わせてご挨拶。

ちょっとフリスビーでもして帰ろうかと思って、甲斐犬の飼い主さんに
「大丈夫でしょうか?」と伺うと
「大丈夫ですよ」と。


喜んで中に入った小虎ですが、甲斐犬くんは猛烈な勢いで唸って
小虎にかかってきました。(小虎は利リード付)

すぐに飼い主さんが捕まえてくださって、大事には至らず。


親切な飼い主さんは「交代で使いましょう。どうぞ」
と言ってくださって顔(笑)ドッグランから出てくださいました。

でも、その甲斐犬くん、怒りが収まらなかったのか
ドッグランの二重にある押し扉を押し開けて、
ドッグランに入ってきてしまいました。

そして、小虎に猛然とかかってきて、
「きゃんきゃんきゃ〜ん!」と鳴く小虎。

慌てて思わず、体で庇いました。

飼い主さんも大慌てで引き離してくださって。

その甲斐犬くんは、人を噛んだり飼い主さんを噛んだりするようなわんこではなかったので、
私も飼い主さんも怪我はなく。


飼い主さんには、
「犬を怒らないでくださいね。うちのが
びびりなんですから」と言って、ドッグランを出ました。
(多分、小虎がへたれ光線を発したので、甲斐犬くんがそうなってしまったのだと思います。
それにたのしく遊んでいたのに、自分はドッグランから締め出されてしまったのですからふらふら

小虎には怪我がなかったのですが、腰が抜けて歩けません。
仕方なく抱き上げて、ドッグカフェへ。


このまま、帰ればまたトラウマになり、ここに来るのを嫌がるようになります。

少し気分を馴染ませて、クールダウンしてから帰ろうと
思いました。


カフェに行くと、K9の先生がちょうどいらっしゃっていて、すぐに気分を落ち着かせるように接してくださいました。
本当に、良かったです顔(泣)

びっくりしたのは、小虎の毛がすごい勢いで抜けたこと。見ると、フケっぽい気も。
すると、先生が「ストレスが一気にかかるとそうなるんですよ」と教えてくださいました。


甲斐犬くんにも小虎にも、悪いことをしてしまいました。

二匹ともしなくても良い経験をさせてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

飼い主が悪いです。

神経質な犬(小虎のようなびびり犬)は、特に、
鼻を突き合わせての挨拶は、あまり長くさせないほうが良いと教えていただきました。

そうしないと、小虎のびびり光線を相手が察して、そうなることがあるんだそうです顔(泣)

初対面の犬とは、少ししたら引き離して、
飼い主に注意を向けてくださいね、と教えていただきました。

飼い主が犬を守る方法ですよね。


CAXYKDUF.jpg

帰ってきた後も、すこし元気がありません。

でも飼い主が神経質になったら余計に悪いです。

CAFMFSME.jpg

おやすみ、小虎。




ニックネーム はなぴ〜 at 13:39| Comment(16) | TrackBack(0) | 犬同士のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姫は噛み付く側です。なんでかな…犬が嫌いみたいで。でも、おおきなコや強そうなコは無視します。ヘタレだからでしょうか。
小虎ちゃんも甲斐犬君も飼い主さんも何事もなくてよかったですね。
小虎ちゃん、毛が抜けてしまうほどのストレスが一気にかかってしまったんですね。その後落ち着いてのんびりできたでしょうか。
なかなか相性などもあるし、仲良く遊ばせるのも飼い主次第って部分もあるし…。
姫ママは姫がほかのわんこと仲良く遊べたらいーなぁ、と思います。
Posted by ちぇるしぃママ at 2008年01月27日 16:46
ちぇるしぃママさん

人間もそうですものね。相手によって態度が変わるのは当然だと思います。
強そうな人には向かっていかないし顔(汗)
昨日の件だって、私がもっと犬の様子を見ていたら、避けられた出来事です顔(汗)

小虎はともかく、相手の甲斐犬くんが今回覚えてしまったことは「やっつければ、嫌いな犬は目の前からいなくなる」ということだと思うし。
責任を感じちゃいました・・・もうやだ〜(悲しい顔)

今日はすっかり普通に戻りましたるんるん
ちょっと落ち込んでるくらいが、本当は可愛かったりして?顔(イヒヒ)
ほほほ〜顔(イヒヒ)
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月27日 17:13
小虎姐さん、大変な経験をしましたね(:_;)
いつもは大丈夫だからと、その甲斐犬君の飼い主さんも油断したんですね
ノーリードの時は気をつけて欲しいです
でも小虎ままさん、よく落ち着いて冷静な対処ができましたね
すごいなー(^O^)/
私だったらアナンを抱えて逃げ出しちゃうか、その甲斐犬君を蹴飛ばしちゃうかするかも(-.-;)
アナンのドッグカフェ&ランデビューは一生ないかも…f^_^;
Posted by きょっぴー at 2008年01月27日 18:07
きょっぴーさん

全然、落ち着いてなかったんですよ〜ふらふら
先生に「飼い主さんが落ち着かないと」と言われました〜あせあせ(飛び散る汗)
ああいうときって、自分でも何やるかわかんないですね顔(泣)
実はどうやって小虎守ったかもよく覚えていません顔(汗)
気づいたときは小虎を抱え込んでました顔(汗)
やっぱりドッグランは何が起こるかわからないですもうやだ〜(悲しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月27日 19:10
あら〜 それは大変でしたね。

小虎ちゃんの目がちっと放心状態って感じです。

相手の甲斐犬は小虎ちゃんの虎毛を見てビビッたのかな? それで先制攻撃を仕掛けたのかな?

ドッグランは楽しそうですけど結構、トラブルがあるみたいです。
ご参考にしてください。


http://www.geocities.jp/jhk_dogrun/page034.html
Posted by 風華★親爺 at 2008年01月27日 19:19
風華★親爺さん

HP早速読みました。
トラブルが起きてから、実際起こった例を読むと実感します。危ないとは聞いていても、自分の身に起きるとは・・・です。
あまりに認識不足でした顔(泣)
私も相手の飼い主さんも噛まれなくて良かったです。もうパニック状態。とにかく小虎を守らなきゃの一心で。犬に覆い被さって守るなんて危ない行動だったんですねたらーっ(汗)

相手はオス。見たところ成犬。
私がオスとメスだから、なんてちょっと安心しちゃったんです。
小虎は姿勢を低くして相手の鼻の臭いかいでいたんですが〜顔(汗)

般若顔だったので、許してもらえなかったのかも?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

Posted by はなぴ〜 at 2008年01月27日 21:20
小虎ままさんも小虎ちゃんも、怖い目に合いましたね。
和犬同士って、雄雌関係なく突然に喧嘩になりやすいそうです。成犬同士になるとプライドも高くなっちゃいますから…。
喧嘩の初動作も判り難く、突然です。
洋犬のようなフレンドリーさに欠ける和犬ですから、まずは、飼い主が相手のワンコを触って、そのニオイを嗅がせ、その後お互いにリードを繋いだままで挨拶させる方が良かったのかもしれませんね。
のあを含め、ビビリのワンコは仲良くなるのには特に時間を掛けた方がいいです。
怖がって、避けてばかりではお友達も出来ないし、その内家から出せなくなっちゃいますもんね。
今回の場合、同じ犬種ですから大きさもほぼ同じだったと思います。それにお互いに気が弱かったので、余計になっちゃったかな?
次回、その子に会ったら用心して下さいね。襲われた事をいつまでも覚えてますよ〜。
のあも、仔犬のコロに襲われた犬を今でも目の敵にしています。
相手の雄犬の飼い主さんが、ノーリードのまま『大丈夫ですよ』と言い切れる自信がある事が、私には信じられません。
Posted by のあの姉 at 2008年01月27日 22:58
のあの姉さん

和犬同士ってそうなのですか・・・。
オスかメスかなんて関係ないんですね・・・。
相手の甲斐くんはオスでしたが、ちょっと小ぶりなオスで小虎より一回り大きいくらいの威風堂々としたオスでした。ドッグランで甲斐犬は珍しいので、私も「ドッグランで遊んでいる犬だから」と思わず安心しちゃったのです顔(汗)
今度見かけたら気をつけますネ。
本当にうっかり飼い主ですたらーっ(汗)反省もうやだ〜(悲しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月27日 23:48
小虎ちゃんも小虎ままさんも何事もなく良かったです。
私の場合、冷静な対応できないですわあせあせ(飛び散る汗)
実は、モコを隣町の県立公園の無料ドッグランに登録したので(まだ行ったことなし)
最初はリードつけたまま、ご挨拶して大丈夫だったら入ってみようとか、頭の中でシュミレーションを立ててはいるんですけど顔(イヒヒ)モコが、飛びついたりしてご迷惑をかける側になりそうだし…ドッグランデビュー出来るかなぁバッド(下向き矢印)
トラブルのこと聞くとちょっと私がビビッてしまいます。
でも、様子を見に今度行ってみようと思ってます。
Posted by スズリン at 2008年01月28日 17:43
スズリンさん

個人的には、ドッグランは絶対にお勧めしません。無責任な飼い主さんが多いし、トラブルが起きたときに、離れた犬を制御できるのは不可能に近いです。
今回だって、仲のいい犬と二匹になったからと安心していたら、枠外から甲斐犬が乱入してきてのできごとです。
何が起こるかわかりません・・・顔(え〜ん)
もし利用するなら、本当に本当に気をつけて周りの犬とモコちゃんから目を離さないでくださいね顔(泣)
本当に怖かったです顔(泣)
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月28日 18:17
小虎ちゃんもママさんも、怖い思いしましたね
大丈夫?
甲斐VS甲斐は、本当に激しい喧嘩をしてしまうから怖かったと思います。
小虎ちゃんも早く元気になって欲しいし、小虎ママさんも元気になって下さい。
風吹もまったく同じような事がありました
でも、立ち直ったから
小虎ちゃんも絶対大丈夫!頑張れ!小虎ちゃん
Posted by 菻ママ at 2008年01月29日 17:32
小虎の飼い主様

はじめまして、まるはなと申します。
小虎ちゃん、怖い目に遭いましたね。
でもね、鼻先を突き合わせてのご挨拶は
甲斐犬にとっては、戦闘開始の合図です。
我が家では、見知らぬ甲斐犬でも、知り合いの甲斐犬に対しても絶対にしないように
心がけています。甲斐犬の習性については
愛護会の展覧会とか甲斐犬専門の躾教室に
行かれれば、詳しく教えて貰えます。
Posted by まるはな at 2008年01月29日 18:35
はじめまして…!shiiponと申します。
小虎ちゃん、大変な思いをされましたね…(> <)。写真のお顔は確かにしょんぼりして見えます。犬同士の争いは思いのほか激しいので、私も恐ろしいです。目の当たりにした小虎ままさんも、相当なショックを受けたろうな…と思いました。けれど、ままさんが元気なお顔を見せてくれたら、きっと小虎ちゃんも、すぐに復活してくれると思います。あんまり心を痛めませんように…(^^)。

それから、ちぇるしぃママさんのブログで、優しいお言葉をかけて頂いて嬉しかったです。ぽぽが今も傍にいてくれて、生まれ変わってもまた会えるとしたら、私たちはそうと知らずに、ずっと一緒ということになりますね…。もしそうだったら、姿は見えないけれど寂しくありませんね。
小虎ままさん。あたたかく励まして下さって、本当にありがとうございました。
Posted by shiipon at 2008年01月29日 18:54
菻ママさん

小虎はただただ縮こまる一方でした・・・。
いつもやられる一方なので(いつもそうなんです)相当の恐怖だと思うし、こういうことが起きては困るので、ドッグランには全然いってなかったんです・・・。
風吹くんもこんなことがあったのですか?
小虎まま、相当落ち込んでいます。
菻ママさん、ありがとうございます。
小虎はあまり良くない方向にいきそうです。
でも、小虎の為にも飼い主がしっかりしなきゃいけないですよね。
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月29日 20:42
まるはなさん

ありがとうございます。
そうだったのですか・・・。
小虎は小さい頃からずっと、下から相手の犬の口を嘗めるようにして鼻でご挨拶してうまく行ってたのです・・・。
今回もそうだったので、相手の甲斐犬くんにしてみたら、ケンカを売られたと思ったのでしょうね。
相手のわんこにも小虎にも申し訳ないです・・・。
甲斐犬専門のしつけ教室には行ったことがあり、きっと教えて頂いたんだと思います。
でも、うっかり忘れて「小虎は大丈夫」と思っていた飼い主の不徳の致すところです・・・。

まるはなさんはお詳しいのですね。
頼りない飼い主のブログですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

教えていただいてありがとうございましたわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月29日 20:52
shiiponさん

コメントありがとうございまするんるん
そうです、ぽぽちゃんはすぐ近くにいますよわーい(嬉しい顔)
shiiponさんが泣いて悲しんでばかりだと、ぽぽちゃんに気づいてあげられませんよわーい(嬉しい顔)
早く笑顔になってくださいねわーい(嬉しい顔)
笑顔でぽぽちゃんの名前呼んであげてくださいネ。

小虎のこと心配してくださってありがとうございますわーい(嬉しい顔)
情けない飼い主のブログですが、また遊びに来て下さいねわーい(嬉しい顔)
Posted by はなぴ〜 at 2008年01月29日 21:07
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1274087
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック